...


by ....

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

その他のジャンル

TOMIX レッドアローのテールランプを点灯させる

e0017421_815999.jpgヘッドライトは点灯しますが、テールライトは省略されてるため点灯しません。そこで、入手する機会があったらやってみようと思ってた加工を早速やってみました。




e0017421_5243237.jpg購入時にも少しふれましたが、何も手を加えないとライトだけではなく、頼りないライトボックスから光が漏れて前面ガラスまで光って乗務員室に室内灯が付いたようになります。



基盤の加工
e0017421_5245547.jpgまずはライトの基盤の部品を撤去して新たに用意した以下のパーツで再構成。
白色LED(ライト・ヘッドマーク用)、赤色LED(テールライト用) CRD、BD 基盤のGMシールは絶縁のため貼ってます。



e0017421_525108.jpge0017421_525269.jpg

こんな感じで光ります。回路を簡単にするためブリッジダイオードを使用。
抵抗はプラを溶かすほどの熱を発生することがあるので、自分は定電流ダイオードを使います。
明るさの調整はLEDの表面にプラ板などを挟んで調整してます。

e0017421_5254257.jpg基盤の取り付け部にはかなり余裕があります。今回はチップLEDを使用しましたが、φ3mmでもちょっと工夫すれば問題なさそうです。



床下パーツの加工
e0017421_526183.jpg各点灯部の遮光のためプラ板で壁を設置。
同時にテールランプの導光に光ファイバを設置。光ファイバを安定させるため、赤色LEDをプラ板で囲い、透明のゴム系接着剤を流し込みました。同時に遮光効果up??



e0017421_5263438.jpg点灯させた状態。光ファイバは半田の熱で折り曲げました。あまり熱を加えすぎると亀裂が入り画像のように折り曲げた部分から光が漏れて暗くなります。


ライトボックスと座席パーツの加工
e0017421_5265038.jpge0017421_5271118.jpg
プラ板で作った簡易ライトボックス。前面ガラスと床下で挟み込んで固定されるようになってます。
座席パーツに予備があればライトボックスで潰れた前列の座席を再生したり、最近のKATO製品のようにすっきりした構造ができたと思います。

車体側の加工
e0017421_5272980.jpg
初めにも書いたとおり、テールランプが点灯しません。さらにダミーのレンズがないので穴を開けてTAVASA製の新型テールライトA(PN009)のレンズを差し込みました。残念ながら少々径が大きいため完全に穴の中に収まりませんが、許容範囲なので良しとしました。
次にヘッドライトを取り付け。初めは製品のライトを切り取って使うつもりでしたが、非常に扱いにくいので、手元にちょうどあった銀河のシールドビーム(N-017)がちょうど入ったので、流用しました。差し込んだだけではすぐに取れてしまうので、透明のゴム系接着剤で固定しました。
ヘッドマークのレンズは製品のレンズを切り取って再利用。


点灯試験
e0017421_5275751.jpge0017421_5282765.jpg

無事点灯しましたが、やはりヘッドマークが明るすぎます。0.13mmのプラ板にGM製のステッカー(やや大きい)を貼り付けてみただけですが、まだ遮光が足りないです。
撮影のためパワーパックはMAXです。

e0017421_529857.jpgヘッドマークを外すとLEDの光がレンズを通して直に。ライトより暗くさせるには遮光が必要です。




ヘッドマーク遮光後
e0017421_5295618.jpgヘッドマークのLEDの前にプラ板を設置して減光しました。画像ではあまり変化が無いように見えますが、ヘッドマークの枠が見えるようになりました。


e0017421_5302868.jpgMAXで走らせる機会なんて在りえないのでヘッドマークを両面テープで取り付けたぐらいがちょうどよいみたいです。機会があればMDプリンタでちょうど良いサイズのヘッドマークを作りたいと思います。


最後に
e0017421_5305693.jpge0017421_5311182.jpg
マイクロエースのNRAと並べてみました。
古い製品ですが、ちょっとした加工で最近の製品に負けない?ぐらいのレベルになったと思います。
[PR]
by Kami_Ren | 2007-08-27 23:59 | 模型